臭い対策研究会 TOP > > 口臭への悩み > > 口臭の原因 > >気づかない口臭とピロリ菌の関係

気づかない口臭とピロリ菌の関係

口臭の原因は、口内の細菌や歯周病が主とされていますが、体内器官の不調が原因で口臭が発生するケースも存在します。
鼻腔、食道、胃、小腸、大腸と、口は体内への入り口として、様々な体内器官と繋がっているため、どこか体内の器官で異変が起こったときに口臭はひとつのシグナルとして出てくる症状ともされています。

口臭対策として、様々な方法がネットなどでも紹介されていますが、その中にピロリ菌除去が口臭対策として効果的と謳っているものが存在します。
どうしてピロリ菌除去が口臭対策として持ち上げられているのでしょうか。

まずピロリ菌の知識をお伝えしておきましょう。
日本人のピロリ菌保有率は他の人種と比較しても高いとされていて、40歳以上の年齢の人に対して、約80%の人がピロリ菌を体内に持っているとされています。
まず認識しておきたい点として、ピロリ菌は直接的に口臭の原因ではありません。
40歳以上の80%の人がピロリ菌を持っていて、それが口臭の原因となれば、もう中高年はみんな口臭持ちと言っても過言ではありませんよね。

それではピロリ菌はどのように口臭に関係しているのでしょうか。
それは、ピロリ菌が原因での胃腸の疾患が、口臭に影響しているということです。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんといったピロリ菌が原因で生じる胃腸疾患を患う人のシグナルとして、口臭が発生します。
ピロリ菌の除去を行って、胃腸疾患が改善すると共に口臭も消えたというケースが多いため、ピロリ菌除去が口臭対策にいいとされている訳です。

また、原因が胃腸疾患以外にあった場合でも、ピロリ菌除去をする際の除菌に使われる抗菌剤が口内にある細菌を抑制してくれ、最終的に口臭が消えるというケースもあるようです。

ただ効果があるとされているから、という理由でピロリ菌除去に手を出すのではなく、口腔内、胃腸内、あらゆる観点で口臭の原因を見定めてからピロリ菌除去を試すのがお勧めといえます。