靴の臭いの対策法

靴の臭いで悩む前に、匂わない様に対策を立ててみましょう。

靴は出来れば数足用意して、同じ靴を続けて履かないようにします。
靴箱の戸を開けて臭いが鼻につくようでしたら、すでにいくつかの靴の中で雑菌が繁殖しています。
一度、靴箱をカラにして、重曹やエタノールでキレイに拭いてしばらく乾燥させます。
そして、隅にバーベキューで余った炭を置いたり、コーヒー豆や緑茶を置きます。

収める靴もきれいに拭いて日陰の風通しの良いところで数日干します。
こうするだけで臭いが相当軽減されているはずです。
さらに、その日履いた靴をすぐに靴箱に収めてはいけません。
せっかく掃除した靴箱の中にばい菌を振りまくようなものです。

その日履いた靴の中に10円玉を8枚入れて風通しの良いところにおいておきます。
またはまるめた新聞紙に重曹をふりかけ靴の中に入れて玄関にそのまま置いておきます。
靴箱に収納するのは数日後です。

そして、通勤用の靴は数足用意して、順番よく使いまわしましょう。
こうすると、靴の臭いがこもらないだけでなく、靴の傷みも減ります。
少しの心遣いで、気持ちよく靴が履けます。

足に汗をかきやすい人は、毎日靴下を数回履き替えましょう。
朝・昼・晩と履き替えるだけでもずいぶん臭いは軽減されます。
その際木綿や麻、絹などの天然繊維を選ぶことです。
消臭効果のある靴下でもいいですが、ポリエステルやナイロンなどの合成繊維の少ないものを選んでください。
女性は素足でパンプスを履いたりされていますがオススメできません。
ストッキングやハイソックスを履いて、できれば複数回履き替えましょう。
これだけでもずいぶん臭いが気にならなくなるはずです。