臭い対策研究会 TOP > > 足の臭いの悩み > > 靴・ブーツの臭い > >ブーツの臭いを消す対策法

ブーツの臭いを消す対策法

寒い季節のファッションとして、防寒にも優れているブーツは手放せないアイテムです。
毎年秋になると、冬のトレンドを意識したブーツが数多く店頭に並びますし、それらを見ているだけでもウキウキしてしまいます。

しかし、気になるのがその臭い。
他の靴に比べて通気性が悪く、臭いがこもりやすいブーツは、いつにも増して匂いの対策が必要になります。
また、革を利用したブーツは暖かくていい反面より通気性が悪く、足が蒸れやすくなるため、足の臭いの対策がより重要になってくるのです。

気になる足の臭いの対策には、臭いを消すのが一番です。
しかしそれがなかなかできないから困るところなのですが、足の匂いを消す対策としては、どのような方法が有効なのでしょうか。

まずは足を清潔に保つこと。
これは一番基本になります。
汗をかきやすく雑菌が繁殖しやすい指と指の間は特に気をつけて洗浄します。

そして、靴も雑菌が繁殖しないようにしっかりと殺菌しておくことです。
ブーツを脱いだら、内側をエタノールを含ませたコットンでしっかりと拭いておきます。
また、臭いが気になる場合には、匂いを消す対策として、布の袋に入れた重曹を靴に入れておくといいでしょう。

香りを付けたい場合には、アロマオイルを重曹に数滴垂らしておいても効果があります。
その際には、殺菌作用の強いティートリーやローズウッドなどがオススメです。
また、靴の中のソールを殺菌作用の高いものに取り替えておくのも、臭いを消すというよりも、できるだけ発生させない対策として有効です。